風さん花さん薬局

不妊症に強い漢方薬局 - 多摩地区・八王子市

不妊相談の流れ

当薬局での不妊カウンセリングの流れや漢方薬について

不妊カウンセリング ご相談の流れ

漢方周期法の説明(無料)

  1. ホームページや小冊子で当店の漢方周期法をお知り頂きます。
  2. 詳しくお聞きになりたい方は、お電話またはメールでご予約頂きます。
  3. 基礎体温表 現在治療をしている資料などをご持参頂きます。
  4. 初回は約1時間30分をかけて漢方周期法の説明と、お客様に合わせた方法を一緒に考えます。
  5. その方法でのご予算を計算します。2011年5月現在のご予算は、1カ月18,900~56,490円の範囲となっています。
  6. まずは一度お帰り頂き、ご家族とご相談して頂きます。(ここまでは費用は発生しません)

本格的なアドバイス開始(費用発生)

  1. 漢方周期法を始めると決心された方は、再度ご来店頂きます。その際に詳しくお薬を決めたり、食事・運動・メンタルケアなどのアドバイスをします。
  2. 1周期ごと(約30日)に基礎体温や体調をお聞きし、次の周期のお薬を見直していきます。(お時間は30分~1時間)
  3. 妊娠が確認された場合は、安胎薬(おなかの中で赤ちゃんがすくすく育っていき、お母さんも産後に備えて体調を整えてゆく漢方薬です)をお続けになることをお勧めしています。
当店での漢方療法を詳しく説明した小冊子をお送りいたします。お読みいただきご理解を深めてください。
初回カウンセリング で当店での出来ることを、より詳しくご説明いたします。基礎体温表や病院での検査結果があれば、より具体的にご相談が出来ます。
一周期が終わりましたら、基礎体温表や自覚症状をもとにお薬を見直してゆきます。これを繰り返すことで、よりあなた様に合ったお薬をいっしょに探してゆきます。

漢方薬について 種類とお値段、作り方のご紹介

当店の漢方生薬は、ウチダ和漢薬 栃本天海堂という日本でトップクラスの生薬問屋さんから仕入れております。その理由は、品質が安全であることと、問い合わせれば安全テストのデーターを直ぐに入手できるからです。

漢方煎じ薬、粉薬、丸薬

本来の漢方薬です。生薬を煎じて服用します。毎日煎じるとお部屋中が漢方薬のにおいがしてしまうことから敬遠されています。しかし、効果からしますと一番におすすめしたいお薬です。そこで、お客様のご希望により当店で煎じて飲みやすい形でお渡しすることができます。30日分で25,200円(1日分840円)となります。

漢方粉薬、丸薬

煎じ薬は飲みにくい、金額的にちょっと厳しい…そんな方にはこちらをおすすめします。1種類 30日分で18,900円(1日分630円)となります。

こうやって漢方薬を作ります

基礎体温表やカウンセリングなどの結果をもとに、私が一人ひとりに合わせた漢方薬を作ります。お時間があえばお作りする様子を見学することもできますよ。

1 カウンセリングをもとに、漢方薬を何種類か選びます。
2 はかりではかります。
3 煎じ薬を作る機械にさっきの薬を入れて煎じます。
4 こんな感じのパックになります。

当薬局の不妊カウンセリングについて、ご理解いただけましたか。もしあなたが不妊症で悩んでいるのであれば、当薬局に来てみませんか?
私は、漢方周期法でお手伝いしているお客様に、あきらめない勇気を頂いております。それが仕事を頑張る原動力になっています。ありがとうございます。
不妊症に関するお悩みや、疑問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

柴野和央

お問い合わせはこちら

不妊症でお悩みの方、来店予約は、お電話(フリーダイヤル)、またはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-804-873
平日
土曜 (日祝定休)
ページの先頭へ